FC2ブログ

わからなかった。

60代女性女満別
半年ほど前よりの痛みで、動けなかった。3か月コルセットをしてこの頃やっと動けるようになった。
病院での診断は圧迫骨折。ヒビが確認できる程度で保存療法で様子を見ている。

仰向けで寝ることができないという。家でも前から横向きで寝ていたということです。
2年前に狭窄症と診断を受けたことがあったということでした。
2回目問診であまり変化が感じられないということでした。

立位でいると、わき腹に張りが出て息が詰まる感じが取れません。
患部にばっかり気を取られました。内臓かなと思ったりして・・・

狭窄症ということでピンときました。仙腸関節が動かない。
腰椎が固く、腰が丸まる感じで詰まってきている感じに見えました。
うつぶせで見ていると腰が苦しそうでした。

最後に思い返して検査し
右の仙腸関節を調整すると息苦しさは消えました。
今度は左に感じるということで、そこも調整すると立ってみて姿勢も変わり苦しさも取れました。

ストレスかカウンセリングか?と思って聞いてもこれということがないので、筋骨格系の調整で取れたので捨てたもんじゃないと思いました。

病歴が長いとついストレスと疑ってしまいますが、違う場合もあるということですね。
まだ下手ですね自分がと思いました。(笑)
腰痛の9割は仙腸関節の調整で改善するらしいということを思い出しました。

スポンサーサイト

3曲踊れました。

79才女性
踊りの先生もやっている。
日本舞踊もダンスも両方
1年膝が痛くて、病院に通って治らなかった。
3回目の問診で、体の様子聞いてみました。

「いつもは2曲踊ると痛くなったが3曲踊れた。」
「毎年5月は体が痛くなるが、今年は大丈夫でした。」

これは何を意味しているかというと
体が正常に戻ってきている。ゆがみが減っていてひざの負担がなくなってきている。
もう一つはこの方5月は娘さんがなくなった月で、病院でなくなりました。医師に対して強い憤り娘さんに対して深い悲しみがあります。

いわゆるトラウマというやつです。
このことを聞いてある程度治ると、確信できました。
原因のトラウマを、今日はESRで修正していきます。
施術後はかなり楽になりました。普通に歩けています。

以前は、片方の骨盤が上がって、びっこを引くように歩いていました。
今月は、踊りの公演に参加するので踊れるようになってくるといいですね。

今回はビンゴっていう感じでした。
まだよくなりたいということでしたので、再度予約を取っていかれました。
次の施術前の問診で良い状態でしたら、終わりの雰囲気です。

こういう原因は、医療はもちろんのこと、頼りにされる整体やカイロの先生でもわからない人も多いのです。

変換

変換とは何を?
とらえ方、感じ方
実はすべて自分が世界を作っている。
それは自分の感じ方、考え方によって嫌な世界や、嫌な人と感じでいる。
そう思っている自分がいるということを、わかればいい。

でも・・・OOがこうで、ああでいろいろと考えが続いてしまい思考がループしてしまう。

幸せになる方法は、実は自分自身が良く知っています。
そこを引き出すのが、潜在意識のカウンセリングです。

答えは、あなた自身の一番快い方法をあなたの潜在意識が提示してくれます。
私はガイドするだけです。
潜在意識のもう一人のあなたが、伝えたいことを、伝えることができるととても納得してくれます。

そしてもう一つの方法が、感情開放・エモーショナルストレスリリースです。
これは自分を第三者的に、自分を見てみることができる方法です。
こうするとなんだそうだったのかと、嫌なこともそう考えることができます。
そして今までの悩みが、とても少なくあるいは全然何ともなくなります。

すべて自分が作っていたということがわかる。
そして自分で行動を起こしたり変えたりすることで悩みから抜け出す方法を、提示していきます。
無理せず楽しんで、自分を変えることができます。

キネシオロジーとはそんな治療法です。
心身の不調というのはこういった思考の間違いによって引き起こされます。
したがって体の痛みだけでなく、多くの症状病気にも対応できます。

重い症状にもかかわらず、自分は関係ない。体だけ治してほしいといった。依存的、無責任な考えの方はまず治りません。
自分が原因です。そこさえ変えれば治ります。

そこを受け入れる強さと柔軟性が求められます。









広告


美幌町の広告で、ひざの症状で来ていた方、二人。
いずれも快癒していきます。
70代後半の女性は1年ほど患っている。

私「お座りは?」
患者さん「できます。」

どこが痛いんですか?
足全体が痛いときがある。
という簡単な問診で、違うと感じました。
病院で
患者さん「治らないんですか?」
医者 「もう年だからね~」

しばらく通ってまた治らないから聞くと
今度は体重があるから痩せなさい。といわれたということです。

実はこの症状は腰が原因なんです。
なのにひざに注射打っている。
多いんです。こういう人。

医者に行っても治らないですよ。
薬を飲んでも治らないです。
整形の症状で薬の服用はあまり意味がない。
特に慢性の症状での服用は効果がありません。

お困りの方はどうぞいらしてください。
うちではすぐに治ります。


深呼吸

深呼吸すると痛みは取れます。
病気にも効果絶大です。

有名な気功師、かとう公いちさんからのお話です。

食べないと
眠らないと
呼吸しないと

死んでしまいます。

でどれが一番大事か?
呼吸だそうです。

私も体が痛い時には意識的に呼吸を深くします。
そうすると楽になります。

交感神経の問題が解消されていきます。

呼吸はエネルギー(気)を取り込む方法だそうです。
夜寝るときに
朝起きるときに
布団の中でもできます。

思考が落ち着いていきます。
そうすると体本来の機能が戻ってきます。

呼吸を意識すると、自分の思考も意識化というよりか落ち着いていきます。
結構いらないことばかり考えてしまっている、頭の中をクリアーにできます。

頭の中がすっきりすると、良い考えも浮かんできます。
そして実行のプロセスを考えて行ってみる。
そうすると体も楽になっていきます。