FC2ブログ

アメブロに引っ越しました


引っ越し先はこちらhttps://ameblo.jp/0358wendy
スポンサーサイト



電磁波障害

今日来た70女性電磁波障害
股関節、ひざの痛み施術後は楽にはなるが戻る。
どうですか?
あまり変わらない。
わたしから見たら歩き方や、体のバランスは初回より改善しているが本人はわからない。
ストレスを抜いたけど大して手ごたえはない。どうやら違うようだ。
筋肉反射テストをとっていてもどうもしっくりこない。
何かおかしい。
性格的なことか?
何かほかにあるのかはわからなかったが・・・
寝る時に痛い。
聞いたら電気布団に寝ている。
アウトです。寝ている間に悪くなる。体を壊している。
他にもオール電化これもアウト!
体には生体電流というものが流れており、神経は微弱な電気信号です。
これを阻害しており、体が正常に保てなくなります。
やめたほうがいいですよとは言って、ネットで自分でも調べてください。

そう言っておいて私も調べたら驚き!
電磁波障害と検索をかけてトップページには、あまり害はないなどのHPなどが散見される。
これには驚いた。カウンターインテリジェンスというやつですね。
業界がこぞって、隠ぺいしています。
よくあることです。
しかしユーチュブではまだ健全で、すぐに電磁波障害についての動画が出てきます。
書き込みができるから、嘘の動画はばれてしまいますし人気が出ません。
丸山修寛医師や、ジャーナリストの船瀬俊介さんなどがトップページに出ています。増川いずみさんもよいですよ
気になる方は、参考にしてください。

しかし思うのは、よくこういった体に害がある選択をしてしまうのだろう?
悪いものを呼び寄せてしまっている。こういう人はたくさんいます。

さてなんででしょう?

エネルギーがスイッチングして良いものを選べなくなっています。
直感が入ってこない、考えた末悪いものを選択する。
厳しい言い方をすれば、本人の意識の状態が悪いといえます。



同情と共感

同情って何だろう?
「他人の気持、特に苦悩を、自分のことのように親身(しんみ)になって共に感じること。かわいそうに思うこと。あわれみ。おもいやり。」
とウィキペディアにある。
共感は?
「共感、エンパシーは、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである。通常は、人間に本能的に備わっているものである。」

どこが違うのだろう?

では同情をかう
と共感を与える。
では違いが判るだろうか?
あるいは同情してほしい
共感してもらいたい

では、何か違いが判るだろうか?
前者は自分と同じ境地に引きずり込む。
後者は良いことをわかってもらいたい。
に使われることが多いと思う。

同情するなら金おくれ!
憐みの目で見るなら、金をよこせということだ。
人を引きずり込む。

共感は良いものをわかって幸せを広げたいということに使うことが多い。
共感を呼ぶ○○とか共感しなければ商品は売れないとか。
これは行動を起こす側の在り方の違い。

同情をしてもらいたくて話をする人がいる。
話を聞いた人は、あるいはあいさつなどのコンタクトとるだけでなんとなく気が重くなる。
こんな経験をしたことがある人はいないだろうか?

人の好い人は、良く聞いてあげてそこでエネルギーを奪い取られる。
そこで、あの人と話すとなんだかイライラする。
なんでだろうと思ってもあまりよくわからない。
私も経験があります。わかるまで1年かかった。

そして同様のクライアントが来ました。この方はもっとひどい。
この人が吸い取り紙のように人の意識を受けてしまう。
エネルギーブロックなどの方法とか対処法など知り合いに聞いたが効果はなかったということです。
話すほうは気持ちが良くなるので、無意識によってきます。

さて防御の方法は?
意識の書き換えが絶大です。
ESR[感情開放]を行うと深入りはしなくなります。そこまでというところで、気にならなくなります。
この方は小さいころから今まで、ずーっとそういう思いをしていました。
これからは違ってくると思います。セッションの感想はこちらです。
自分ではなかなか気づけない・・(2019,11,26)の感想文です。







問題にフォーカスする思考

うちは、重症の人が来る。
実にお年寄りも多い。
体験談とかにはないが、それはあえてお年寄りには書いてもらうことが出来ないから。

腰の曲がったおじいさんも多い。ある程度は良くなります。
でもたいていは姿勢が少し良くなり、生活が楽になると来なくなる。

それで何があるかというと・・・・
とんでもないこと考えている。
問題にフォーカスしている思考をいつもしている。
仕事をしている時は役に立つかもしれない。
細かいところに気が付くから。
でもそれをやりすぎて自分を苦しめているのがわからない。

起こった現象に批判的で、受け入れることが出来ない。
こうしているといつもイライラしている。
それが体を壊している基というのを「いい加減気付いてよ!」
体が痛みを通じてメッセージを出しているがわからない。
受け入れられないというのは頑固
こういう人はお手上げ。
カウンセリングまではいかない。ある程度原因、因果の話をして終わり。
それでも治してほしいといわれれば、カウンセリングをして変えますが、そこまでいかない人もいます。
あくまで本人の自由意思を尊重します。

何を考えているか聞いてみると、とんでもないこと考えている。
家でゴミが落ちていると気になる。「ピンセットでつまむ。」
家の周りの落ち葉が気になる。時期になると一日3回は掃除をする。
問題と思っていることを、問題と思わなくても済むことはほおっておく。
こういう考えができない。
いつも苦しみの箱の中に、自分を閉じ込めています。

自分の思いどおりになっていないと気が済まない。
起こった現象のせいではなく、自分自身のとらえ方の問題です。
若い人は、考えを変えるというのはたやすいことで気づきも早いですが、頑固なお年寄りは非常に難しい。

それで治してくれというのは神様でも無理。
そういう人には一様話します。この原因を。

来てほしくはないが、整体をやっている限りは来ます。
もっとわかってくれるように伝えるというのも私の課題ですが・・・

難しい・・・
誰か変わって  といいたくなる。
(笑)


牡蠣

DSC_0010.jpg
常呂からの患者さんより頂き物の牡蠣、よく患者さんからはいただき物をします。
漁師さんからもいただいたシジミもあります。ほかの方からのエビもあります。
一人では食べきれないぐらいですが、酢牡蠣とフライそのほかは自家製のにしん漬け、久々の晩酌です。
別に飲まなくてもいいですがたまにという感じです。
とてもおいしかったです。
波動の高いものは満足度が高い。

贈り物ありがとうございます。。