FC2ブログ

Categoryストレスで痛くなる 1/13

同情と共感

No image

同情って何だろう?「他人の気持、特に苦悩を、自分のことのように親身(しんみ)になって共に感じること。かわいそうに思うこと。あわれみ。おもいやり。」とウィキペディアにある。共感は?「共感、エンパシーは、他者と喜怒哀楽の感情を共有することを指す。もしくはその感情のこと。例えば友人がつらい表情をしている時、相手が「つらい思いをしているのだ」ということが分かるだけでなく、自分もつらい感情を持つのがこれである...

  •  0
  •  0

問題にフォーカスする思考

No image

うちは、重症の人が来る。実にお年寄りも多い。体験談とかにはないが、それはあえてお年寄りには書いてもらうことが出来ないから。腰の曲がったおじいさんも多い。ある程度は良くなります。でもたいていは姿勢が少し良くなり、生活が楽になると来なくなる。それで何があるかというと・・・・とんでもないこと考えている。問題にフォーカスしている思考をいつもしている。仕事をしている時は役に立つかもしれない。細かいところに気...

  •  0
  •  0

キネシオロジーカウンセリング

No image

11年病院に通ったが、心の病が治らなかった。潜在意識にアクセスして、本当の悩みを出してみる。そうすれば見たくないもの見ることになるが、解決の道が開ける。デリケートな問題だが、クライアントの決意さえあればよくなる。良くなるのはあくまで本人の意思です。施術者はいつでもやめてもいい。常に本人の意思を尊重します。そこを本人の決意があれば簡単に治るケースもあります。クライアントに柔軟な心があればよい。怖くはな...

  •  0
  •  0

いる場所がない

No image

体の痛みは、心の痛み、自然形態療法創始者山田洋先生が残した言葉です。まさしく至言です。私が最初に行っていた療法の先生です。こうも言っていました。既得権益との戦いだとも言っていました。山田先生の治療院はテレビの取材とかも入っていましたが、整体師ということでついに地上波では放映されなくて却下されました。整体をやっていても、柔整か、あんまマッサージの免許がないとテレビに出ることは難しいです。今でもそうで...

  •  0
  •  0

症状を聞いてくる人の傾向。

No image

症状を聞いてくる人の傾向。何回で治る?とか聞きたがる人。ズバリ治りません。(笑)自分は自分であるという自覚がない!自分のことには自分で責任を持つ。痛みは誰かに治してもらう。イコール自分には責任がない。痛みが出たのは自分のせいです。こういうことがわかっている人は治るの早いですよ。わからない人は、一向にこのことがわからない。誰かのせいにしたがる。そして治らない。広告出したので、こういう人も来ると思いま...

  •  0
  •  0