Archive2017年04月 1/1

人を愛するということ、フリードリヒ・ニーチェより

家出の記事の補足説明不足のところは、ニーチェの「そのままの相手を愛する」を、参考にしてください。そのままの相手を愛する愛するとは若く美しいものを好んで手に入れたがったり、優れたものを何とか自分のものにしようとしたり自分の影響下に置こうとすることではない。愛するとはまた、自分と似たようなものを探したりかぎ分けたりすることでもないし自分を好むものを好んで受け入れることでもない。愛するとは自分とは全く正...

  •  0
  •  0

家出3

4回目、施術前問診「どうですか?」「それが不思議なんです。」とても楽、ということでした。でも本人は???でした。ものも食べれるようになってきた。ということでした。それよりも、ご主人の態度が、一変したということでした。いつもは帰るなり足が痛いといっていたいのが、言わなくなりました。痛くないみたいです。(結構歩く仕事)ご主人が不愉快になり、ストレスを受けるこの方の悩みでしたが、そのストレスがなくなりま...

  •  0
  •  0

家出2

通常の整体治療では、限界があり本人の意識が変わらなければ、またストレスで体が硬くなったままになります。いろいろな不定愁訴があります。精神が、体に及ぼしていると判断できます。特に物が呑み込めない。無理やり食べている。体重も減っている。見た目もかなり細い。触診で更ると首が張っていて骨ではないかという固さです。これではのどの通りが悪いなと思いました。患者さん「治りますか?」「治るか治らないかあなた次第で...

  •  0
  •  0

家出1

夫婦間のトラブルで家出をしたある女性の話。家出の途中のコンビニで立ち読みをした。その本の内容が整体で体の不調が良くなると、雑誌の記事を見る。この女性は自律神経が失調しており、いろいろな医療機関に行ってもよくならなかった。6年前より心療内科に通っており、薬をを処方しもらっている。全くよくならない。医者より離婚を進められる。コンビニの記事を見た後、家に帰り電話帳で当院を見つけ来院をする。この電話帳は、...

  •  0
  •  0