スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

膝の骨きり術

53歳女性網走から
以前膝の骨きり術を行い、以後経過が悪く痛みが引かない時ウチで施術を受けました。
その時のことをアンケートをかいてもらいました。
こちらが体験談
この手術を行い痛みが引かないという方は良くこられます。今も二人ほどうちで通療中です。
原因は別のところにあります。手術では良くならない。
当院での経過は良くなっています。
果たしてこの手術は有効な方法なのかと首を傾げます。

効果的な運動療法など取り入れ施術で筋肉を緩めれば、安易に手術しないほうが良くなるのではと思います。
今来ている人はウチに来るまで手術後1年痛みを抱えていました。
ブロック注射とヒアルロン酸の注射を定期的に打っていました。
それでも全く良くならなかった。
体験談にある杖をついてきた人です。
他にも同様の症状で来ている人もまだいます。

この膝の手術後の状態は過度に外側に曲げすぎてどうなのかと思います。
骨盤の位置も左右高さが違ってきます。
より不具合が生じやすくなります。
そして医者はもう片方もしなければと手術を薦めます。
マッチポンプ商法というやつですね。
手術後1年痛みを抱えているのに、のこる片方も手術を薦めるということはどういうことでしょうか?
患者さんがかわいそうですね。

他にも片方だけ手術して膝関節はまっすぐになり、この方は痛みは解消されたみたいですが足がまっすぐになった分だけ手術してないほうの膝が曲がっていて足が必然的に短くなり骨盤が傾斜して股関節が痛くなりました。
片方だけに負担がかかるようになり、痛みが出るのもなるほどと思いました。
その方は医者に股関節が痛いと言ったらそれは認めない。
手術は成功。
問題はないということを言われたそうです。
自分の過失ではないということです。
この方の場合は股関節を緩め、痛みをとり日常短いほうに1.5センチほど高くなるように中敷やスリッパを高くして骨盤の位置をそろえるよう助言したとところ症状は解消されました。


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。