50肩

美幌町50代男性
福祉関係
去年暮れから腕を上げると痛い。ここ2、3週間で痛みが強くなってきた。
電話での問い合わせは
「50肩と思うんですけど治りますか?」
素直に
[治る場合もあれば治らない場合もあります。」
「精神的にストレスがある場合は治りづらい場合があります。」
「そうでなければ(体が疲れているなどの場合は)かなり良くなります。」
「診てみない限り、後はなんともいえません」
この方の職場はとてもストレスが溜まる場所です。
たぶん私は勤務できないでしょう。
障害者(身体障害、精神障害)40名ほどを使って仕事をさせるところで、なかなか神経を使って対応しなければならないところです。

「怒るわけにはいかない」

「当たり前と思っていることができない。また引きこもってしまっては困る。」

「まず挨拶から教える。」

「職場に若い人も入れたが、二人程おかしくなってやめさせたということです。」

一緒にいれば健常者もおかしくなってしまいます。
普通の人では勤まりません。

この方はメンタルなところどうコントロールいるかというと、「職場を一歩出たら一切忘れる。」だそうです。

すばらしいですね!自分の意思で自分の心を統御している。

それでもストレスが体に出てます。

いろいろと職場のことを聞きながら施術を進め、私もためになることを聞けて面白いです。
最後は痛みは取れて可動の制限はなくなりました。

話しながら気持ちもほぐれたのでしょうか?

この方はとてもできた人でした。うまく表現はできないけど。

障害者を、怒らずじっと見つめて、良いほうへ行くように見守っています。根気強く。
なかなか普通の人にはできません。
だから痛みも早く取れたんでしょう。

50肩の記事が多くなっていますが、腰痛とかも来てますが、治って当たり前なことはかかなくなってしまっているので、今度はもう少し偏りがなく記事をかこうと思います。

スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ