坐骨神経痛(ストレス)

20代女性
大空町
足が痺れる。
3ヶ月前から座っていると痛い。
吐き気もある。
お母さんが以前ウチに来ていたことがあり「いいから行ってごらん」という薦めで来院
3ヶ月前何かなかった?
「ありました。」
あることが原因で体が壊れてしまいました。
とりあえず体を治療していく。
ある場所が固く、ストレスを受けていると判断できる。

原因は職場の異動で上司が入れ替わり、新しい上司が来てとんでもない人間で、4人いた部署の3人がストレスにより、勤務できなくなった。1人はやめた。
この方は現在休暇扱いということです。

この職場は、ある病院の薬剤を出すところですが、病院側も最初は見てみぬふりをしていましたが、事態の重さに腰を上げ「問題の職員を辞めさせる」ということで、この方の家にも病院の部長職の人が挨拶にきたということでした。

治療をしながら話を聞いていくだけでかなり良くなりました。
とりあえずの痛みはなくなってしまいました。
「?」ふしぎ~
と喜んでいました。

この原因ははっきりしているから、これからその治療をしていきますということで、カウンセリングを交えながら20分ほどストレスを抜いていくと体全体も、全くスッキリとして、痛みは消えてしまいました。
また「ふしぎ~」と喜んで治療は終りました。
心療内科で薬をもらい、睡眠薬も処方されているということですが今日からは寝れると思います。
玄関を出ようとすると吐き気がする。
職場のある小清水のほうに車を向けれない。なども大丈夫になるでしょう。

3ヶ月悩んだ症状も1回で解消です。

素直な人は治るのがとても早い。

苦しむのも自分のせい
治るのも自分のせい

この治療で治るのが早いかたは素直な性格です。
治りずらい方は頑なな人が多い。

その違いが命運を分けます。

治った方は素直な自分をほめてください。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ