スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

左ほほが痛い

20代男性 網走からビール会社勤務
肩が痛い。首も痛い特に左
ほほ(左)も痛くなる。
仕事をしていて痛くなる。
体がかなり固いから、ストレス性の痛みと思っていたがどうやら違ったようです。
雰囲気からして、ストレスがあるようには見受けられず聞いていても問題はないように思えます。

仕事はビールの配送ということでしたが、よくよく仕事の内容をよく聴いてみると、工場でビールをビンに入れることもしており、その際に30キロ近い樽を腰の高さぐらいの作業台の上に乗せて行うとでした。
体型は細く、かなり大変ではないかと思います。
それを50回ほど繰り返すといいます。

地ビールの小さい会社で、素人がやっているのと同じで手作業で、作業効率が悪い。
この方は春に就職をして3~4ヶ月ぐらいになるということですが、この作業の繰り返しにより背中が張っていきます。
体の動かし方も見せてもらいましたが、体の使い方も悪いです。
若いから力任せに膝や腰の力を使わずに、足を伸ばしたまま、背中をまげて重いものを抱えあげていました。

問題は2つ

体の使い方

会社の作業の導線が悪い。

ビールの樽を抱えて持ち上げることなく、作業ができるように設計しなければならなかったのではと思います。
一時が万事このようなことがあると会社ももう終わりですね。
仕事は誰がやっても、同じ様にできるようにしなければならない。
この人が休んだら誰がこの作業やるんでしょうか?

自衛隊ではこういうことがあると業務改善提案といって、作業の方法や機材など考えて無駄な労力を使わないことをしていました。
手動で動かせる簡易なリフター等作ってもいいかもしれません。

作業場の問題点、作業がつまるところボトルネックといいます。この会社のボトルネックはビールのビン詰め作業ですね。

会社もこういうことは、1人の社員に過度の体の負担がかかっていることなので、早急に改善するのが良い企業といえるでしょう。

治療後はもちろんすっかり楽になりました。
ついでにストレスも見ましたが大丈夫でした。後は体の使い方を注意して終りました。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。