腰痛と腱鞘炎

斜里町より20代女性
3月ごろより腰痛、整形では腰椎5番に問題があると診断を受けました。
痛くて寝てるのも辛い。

「他はないですか?」

「腰が痛くなる前は肩こりもありますけど、今は腰が痛いのでわからないです。」

「他は大丈夫ですか?」

「腱鞘炎で指を開くと両方の親指が痛い」
「整形で見てもらったんですけど子供母乳で育ててるので、注射はできなくて湿布してますが、良くならない。」

「・・・・コレで大体の予想は付きました。」

腰の状態は電話予約の際に「うつぶせできないんですけど大丈夫でしょうか?」
と聞いてきたくらいなので重症のほうではないかと思ってました。

実際立位で、腰は伸びません。左にも少しからだが倒れています。

この方の問題はわかっています。



通常の施術で、仰向けで腰が痛く足が伸ばせなかったのも、足を伸ばせるようになりました。

これから先は、問題を絞っての治療です。

特殊な治療を施し終った後はまだ完全には伸びませんが、腰も軽くなりました。
今、行った治療の結果、痛みが楽になったので、本人もこうなった理由がわかりました。

指の症状はその場で、完全に消えました。
いわゆるドケルバン症候群というやつです。

本人は1歳になる赤ちゃんを抱っこする時に痛めたといっていますが、腰痛の原因と同じです。
指に負担がかかったということではありません。

このような症状は当院では改善可能です。
残念なことですが、現代医学では、全くの無力です。
いくら通っても治らない。

こんな症状でお悩みの方はあおの整体院にお越しください。


スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ