おつり、いいです。

60代女性
腰痛と言うより足に痛みが出て歩けない。
3歩目で動けなくなる。
1週間ほど前に、整形外科に通院して、薬はもらっている。
「安静にしてください」と言うことでしたが、良くならない。
3日前から痛みが強くなっていて動けなくなる。
施術も膝下に枕をいれて、痛みの少ないところで施術していく。
右足のツッパリがひどい。
とりあえず硬いところを緩めていく。
足を伸ばしても痛くはなくなる「あ~楽」とため息交じりでつぶやく。
施術後は全ての痛みは取れなくても、痛みなく歩けるようにはなる。
とりあえずの苦しみからは解放された。

でこの方、お支払いは1万円で、お釣りは「とっておいてください」と言い出した。
さすがに、ずうずうしい私でも良心がうずいた。
「治ったわけではないので、今度の分にとっておいてください。」
「まだかかりますと言うことを釘を刺した。」

激痛の人ほど時間はかけない。
効果の限界がある。
深追いすると、余計いためてしまうことがある。

今日で2回目、昨日の状態は維持はできていた。
痛みはあるが歩けている。
まだ痛みは全部は取れないが、今日の施術で腰は伸びた。
腰にはまだ強い圧痛がある。

まだかかります。
こういう症状は、いきなり悪くなったわけではありません。
長い間の生活習慣や、物事に対する考え方や、取り組み方が原因です。
全て本人の責任です。
それが耐え切れずに体に表れたということです。
ウチではそこの考え方も、カウンセリングとして治療に含みます。
治すのは別。体を使うのはかって。
としては体がかわいそうです。
もっと関心を持ってもらわなければ困る。

私もたまにやりますが・・・
反省ですね。

でも治りますから、このままでは手術するかもと心配しましたが、治ります。
安心してください。といったらほっとしていました。




スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ