スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

坐骨神経痛に苦しむ

40代男性漁師さん
坐骨神経痛、
2年前の秋、右の足首をロープで巻き取られ骨折

以来坐骨神経痛が出て、どこへ行っても治らなかった。
腰を伸ばすと右足に痛みが走り腰を伸ばせない。
普段おしりを出した状態が楽と言う事です。

原因はと言うと骨折した法の足首の距骨のずれ、内側から外に圧すると痛みは消える。
その方向で押して修正する。

立ってみて痛みを確認するとかなり減っている腰を伸ばすと痛みが走るのがなくなった。

「痛くなったらこれやってください」
距骨が変位すると重心バランスが崩れます。
修正しきれないと、体に異変が起きます。
この療法で治しました。早い!
骨折が原因で変位が取れなかったんですね。

残った痛みは、
3軸を修正して、各種操体で抵抗を体に入れてあげます。
ちなみに坐骨神経痛に著効な操体は、I-1tとJ-1です。

治療後は、今年の仕事どうしようと悩んでいた痛みはなくなってしまいました。
とても喜んでお帰りになりました。

この症状は重かったので、戻ると思います。
再度月曜日に予約で施術を継続します。
まずは重心のずれ
骨折した足の修正をする。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。