置戸からの続編

[この前はどうでした?]
置戸へ着いて「セイコーマートまで歩く間に痛くなった。」
いささか落胆気味です。

マアよくあることです。
症状が重い人が、その場でよくなっても戻るのが早いです。
とりあえず操体法を教えて、痛みが取れるのを覚えてもらう。
歩けるようにはなる。

症状が重い場合はストレスが関係してます。
前回聞いたところ、ストレスはためないほうだからと、本人が否定したものだから、あえて聞きませんでしたが、ココが落とし穴でした。

よくストレスをためないとか、好きにしてるからストレスはない。

と言う人がいますが、今までの経験上、かえってこういう人ほどストレスがあります。

よく聞いていくと、11月の痛みが出るときの事で、仕事について上司に文句を言ったことがあると言うことです。

怒ってしまったという事は、ストレスのはけ口にはならず、このことがストレスになっています。

ストレスを取る治療で、頭の反応を診ていくとやはり反応があり「今どうですか?いやな気持ちしませんか?」
案の定「いやな気持ちです」

そこで考え方のアドバイスをして、もう一度行うと反応は消えました。


ストレスはもう一つありましたが、コレは小さかったです。
終って立ってみるとさっきよりも立った時に、歪みが減っていてかなりまっすぐになり、歩いても体のゆれがなくなってきました。

「どうですか?」
「楽です。」

コレがこの方の有効な治療法でした。

良くあることです。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ