かかとが痛い

小学4年生男子
ミニバス選手
痛みが出て2週間かかとが痛く、走れないジャンプして着く時に痛い。
整形で受診したが治らない。
ネットをみて来院
この症状は以前も、美幌町の子供が同様の症状で来ていた。
痛みは抜けるがしつこい場合もある。明らかに骨に異常がある場合は、継続的に治療が必要の場合もある。

今回の場合は一回で全部抜ける。
出始めてすぐだったので骨まで、それほど影響はなかったみたいだ。

治療後「思いっきり走ってきて」
外を走っても痛みは出ませんでした。

お母さんが「本当に痛くないの?」(笑)

家族全員で来ていて、皆さん笑顔で帰りました。

コレがいいですね。みんなの嬉しい顔!


この子の原因は、コーチに怒られたこと
手技の後ストレスを抜くと同時に、再発しないようにアドバイスを混ぜてカウンセリングして終わりです。

帰ってからお父さんから電話


お子さんは、すごく良くなったと言う驚きの様子で、ミノバスの同僚の子供にも薦めたいというありがたいご相談でした。


オスグットや有痛性外脛骨 シーバー病、シンスプリント等
整形や整骨院では治療しているようですが、残念ですが治りません。
こういった症状は実は、全身の症状なので、部分を診ても全く治らないのです。
ためしにこういうお子さんの肩でももんでみたら、がちがちに張っています。
こういった固さが、全身にわたって表れています。
この場合、すぐにストレス性の痛みとわかります。

精神の緊張と身体の緊張が連動して、現れています。
こういうこともみていかないと、治らない場合が多いんです。
だから、患部ばかりしか診ていない整形や整骨では、いつまでたっても治りません。
安静を指導するしかないのです。

お困りのお子さんがいる方は、とりあえずつれて来てください。
痛い治療ではないので安心ですよ。

今月は中体連とかあって、中学生や小学生の治療が多かった。

みんなその場でよくなってます。












スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ