スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背中の痛みと首のこり

30代女性網走から
背中が痛く、首も張りがある全部左側
反ると背中が痛い。
首も右にたおすと左の前側の首が張って曲がらない。
まずは距骨を動かして調整
3軸をそろえるのは同調を使ってみると意外と簡単にそろってくる。
この方はそうではないが、患者さんの動きが悪ければ、自分が動いて同調させてバランスを整えるほうが良い感じと思える。
何より、言葉の誘導がないので施術が早いかもしれない。
患者より術者のストレスがない。

以前も来たことがある方で、今回の施術は大変不思議がっていた。

今日は全て操体法で全部クリアー
とても楽、気持ちいいということでした。

理学操体のIポジションや、Kポジションもとても効果がある。
よくわからないけど、最近効き出した。
腰痛、坐骨神経痛には、Iポジション肩甲骨の内側のはり、コリはKポジション。
かなり効果が高い。
今回はKポジション

話は飛びますが、
他の坐骨神経痛の患者さんは、Iポジションが決め手でした。
家でも痛い時、奥さんにやってもらって即効だそうです。
先週、奥さんが施術を受けた時に、話していました。
優れた技術は誰がやっても結果が出ます。



この患者さん、今からコンサート出かけるので、「痛みを取ってから出かけたい」ということでウチにきました。全く痛みはなくなったのでとても喜んでいました。

結果が良好なら、これ以上は触らないほうが良いのでコレで終りました。
この方法も押したり揉んだりしないので患者さんはもとより、施術者にも負担がなく、とても良い技術です。
操体法に縁があり約1年、他にもいろいろな整体の技術はつかえますが、コレでいけるという、やっと形が見えてきました。
スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。