スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訪問看護師さんの痛みと悩み

美幌町、30代女性。訪問看護師
腰痛、1ヶ月前より症状を抱える。
良くなって来ていたが昨日また痛みが出た。

施術途中で、痛みは緩和されてくる。
しつこい痛みなので、ストレス性の痛みと思え、ストレスになっていることはないか確認してみると、やはりありました。

訪問先の患者さんが、癖のある人で、他の看護師はダメだしされて、この事業所では、この方ともう1人の方しか対応できる人がいないそうです。

上司からは「女優になりなさい」と指導されるそうです。
「演じきる」ということです。

なかなか粋なお話です。
その通りですね。

同様の悩みはヘルパーさんなども多く、ウチにもそんな悩みから腰が痛くなる人はよく来てました。

性格が変わっていて扱いに難しい人には、普通の人と思って対応すると「どうしてこういうことをするのだろう」と怒りがこみ上げてきたりしてしまいます。

最初から変わった人と認識して認めてしまえば、怒りも収まります。
そういう人だから仕方ないと考えるしかありません。

訪問したその場は、女優になったつもりで、演じていればいいんです。
ただそれだけです。

簡単にできることと思えれば、もうこういったストレスはなくなります。

人に怒りや憎しみを持つと、その感情で自分が苦しくなります。
心が苦しいと、身体も痛くなる。

そう思うそれを、やめればいいだけです。


人が嫌がることを平気でする人というのは、実はかわいそうな人なんです。
生い立ちや、その人生の中でうまくいかないことが多く大変だったんです。

それは、自分が悪かったのですが、人のせいにする癖があります。

そんな人よりはるかに自分達のほうが恵まれた環境にいますから、悪く思うのはやめましょう。
かわいそうな人なんだと思えれようになれば、ストレスもなくなります。

そういう人は、神様に任せて、自分は自分のことを考えてればいいんです。

人のことを悪く思うと自分もバチが当たって痛くなります。(笑)

この方は、聡明な人でちょっと話すだけで理解されて、すっきりと痛みは抜けました。

ためしに頭の中のストレス反応をみましたが、ありませんでした。

たぶん今度の訪問は、ストレスがなくなったことでしょう。





スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。