足の痺れ、仙骨の痛み

美幌町60代主婦
3ヶ月ほど前から足が痺れる。仙骨付近が痛い。

整形や循環器などで、MRIや造影剤など入れて調べてもらっても、痛みはとれず原因不明。

症状から原因は、ストレスと判断できる。

そこで身体のこと以外にも、生活の変化など施術しながら聞いてみる。
この方は以前も来たことがありその時は、網走在住でした。
今は、美幌に越してきたということでした。

母(姑さん)が認知症で父が介護していたのですが、高齢で大変なので、嫁の患者さんもご主人の実家の美幌に同居し、介護に携わることになった。

「姑さんは同じこと何度もいう」など接していて疲れることが多いそうです。
痛みの発症に時期と、生活の変化があった時期が同じなら、それが原因となって、痛みを発症させています。

「以前なら普通に受け答えができる人だった」それができないことに、疲れている状態です。

「こういう場合はあきらめる。」しかない

今は、最初からそういう人と思って接するしかない。


そういうと・・・

「あきらめているつもりだったんですけど、まだあきらめていなかったと言うことなんですね・・」

介護というと、他にもストレスはたくさんあります。

今までとは、180度違う生活をすることにいきなりは順応できないことは、やむを得ません。

話しながら治療をして、終るころはすっきりと痛みは取れました。

恵庭の病院まで行って治らなかった痛みは、取れてしまいました。

まだ経過を見たほうがよいと思うので、再度来院を進めましたが、「今度は近いので痛くなったらまたきます。」

ということで終りましたが、もう5日ほどたっていますが来ていません。

実はこの患者さん、ものがよくわかる人なんです。

カウンセリングしながら施術すると、すぐに痛みが引くとても優秀な患者さんです。(笑)

失礼な表現かも知れませんが、とても素直な人ということです。



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ