北見網走の痛みが消える!あおの整体院

完全無痛の整体で痛みが消える!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

治せた!

30代女性 養護教諭。
先週、膝の痛みと内反小指で来院
痛みは、かなり治まったがまだ完全ではない。
この方の症状は、単純ではない。
というか一箇所だけわるいというこはない。
実は隠れている症状というのが、あるのです。
この方は良くあるパターンです。

左ひざが痛い。曲げた後伸ばすことがすぐにできない、車等、長時間乗ると次が動かない。

病院では患者が膝と言うから、膝を診ます。

よく見てるんだか見ていないんだか診断は「安静にしてください。」「様子見ましょう。」でおざなりの診断で終
わりどうにもならないので、整形受診後、ウチに来る人は多いです。この方もそうです。

初回は全部緩めてみる。8割がた取れる。

2回目に来た時、まだ症状が残るという。
脛の外側が張ると言う。

良くあることですが、実は腰が悪く足に症状が出ています。
足の筋肉が張ってしまうので膝も調子が悪くなります。膝を治すというではなく、最初の原因の腰をよくしていかなければならないんです。
整形あたりでは、こうした症状が出ているにもかかわらず、膝にヒアルロン酸の注射をしていたりすることがある。治らないはずだ。

施術の最後まで腰の張りが残って仰向けで膝を倒すと膝が痛かったですが、操体法で腰を緩め倒してみたところ膝の痛みは消えました。
ということは、腰のほうから、引っ張られたということなんですね。

そこでまた面倒な話なんですが。

この痛みの原因は何だと思いますか?
実はストレスなんです。

学校社会というところは大変らしいです。
ウチは多いんです教員の人。
なぜか多い。
小学校から高校、たまに大学の講師もきます。

学校社会では、いろいろなストレスや、その対処の仕方や、考え方にも問題がある場合があったり、組織的に問題を抱えている部分もあると思います。
ココでは詳しいことは述べません。

そこでこの方の場合は、何をやっているかというと、養護の先生にもかかわらず、バレー部の顧問、ボランティア部の顧問ずいぶんとがんばっていると思います。
なんかへんですよね。保健室の先生が顧問なんて、仕事終らなくて遅くまでしているそうです。

学校の先生にはよく言うことがあります。「テキトウでいいんだよ。」
どれも頑張ろうとするから疲れてしまう。

まじめ、完全主義的者的な傾向が強い。
ココに陥ってしまうと、ひいては心の病に発展する。

こういうのも組織のマネジメントも悪い場合がある。


この先生帰り際に、上着を着る時にポケットから落としたものがある。
ミシンのボビンです。

ボランティア部で介護施設に、パッチワークで作ったカレンダーを寄付する。と言う仕事をしているそうです。

カレンダーという使ってしまえば終わりのものに、手のかかるパッチワークで縫いこんでいくばかばかしさ!誰が考えたんだろう?と思いましたが先生が、ボビンを持っていたということはその作業も、手伝っているのではと推測されます。

こんなこと付き合ってたら疲れてしまいますね。思いついた学生に徹夜でもさせてやらせたらいいです。
先生は、指導監督に徹して動かない。
やらしてみてできなければ、それも成果です。

失敗は、学生のうちどんどん経験させるんです。
それも教育と考えたほうが、気が楽です。


成功体験と言うのも大事だが、学ぶことは少ない。
失敗からは、学ぶことは多い。

自主性に任せて、だめならそれでもいい。
大人でも、自分を律して行動すると言うのは大変なことがある。
それだけでもわかればいい。

あとは検証すればいい。

動機が弱いか?
行動が不適切か?
自分たちのないがよかったか?
何が足りなかったか?

教育とは、そういう場を与えることである。
そこから結果がよければ喜べばいいだけで、悪くても学びがある。それで納得すべきだ。

うまくやろう成功させようと結果ありきで、進めると間違った方向へ行く。
自主性がなくなりつまらなくなる。

人間は我慢の大事だが、自分の気持ちに正直に生きることを、学ばならない。

つまらないことを、やってるようになってしまった学校だったら、何もやらないほうがましだ。

そこで治せたの表題に戻ります。
先回来たときに、生徒の中に首が痛い子がいる。
相談を受け治し方を教えたところ「治ってしまいびっくりしました。」「施術後すぐに痛みがとれ生徒も私もびっくり」「セッターでトスを上げるのに首が辛かった大丈夫になった。」といういうことでした。
これってセンスなんですよね。
教わってもできない人もいれば、聞くだけでできる人もいる。この方かなりセンスいいです。

ついでに肩こりや、腰痛の取り方なども教えておきました。
「保健室でお金とったらいいよ」(笑)と冗談を言っときました。
テキストありますので、ほしい方は申し出下さい。

ちなみに、内反小指も簡単に取れました。











スポンサーサイト
[ 2013年11月22日 18:29 ] カテゴリ:坐骨神経痛 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

笹浪 健太郎

Author:笹浪 健太郎
元自衛官、23年勤め依願退職。
退職後、1年ほど別の仕事を経験し療術の世界へ入る。
北見網走管内より多数の来院者
遠軽から知床、阿寒、釧路等道東全域から来院者あり

痛みの取れることを常に研究しています。

来院者の心と体が健やかなる事を、心がけ施術しています。



北海道網走郡美幌町字元町6-47
あおの整体院
完全予約制
0152(72)0597
(10時から19時まで営業)日曜午後休み
詳しいことはHPをクリック
お問い合わせなど下記メールフォームにて受け付けています。お気軽にどうぞ。



あおの整体院
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。