昨日も今日も

昨日も今日も、顔のゆがみを気にする30代女性の来院
どちらも肩こりがひどいとか、単なる肩こりではない症状に悩まされている。
手足の痺れや、坐骨神経痛がひどいということも併発していました。
面白いことに
とりあえず痛みやコリを何とかしてほしいということでしたが、痛みも順次とれ、最後は顔を修正すると、
「すごい!!」と喜んでいただいています。
以前であれば、治るか?
と思った症状でも、このごろはなんとなくわかってきました。
顔のゆがみのある人は、首の上部に症状があり更に、頭蓋骨と首の付けも圧迫を受けていることが関連しているばあいが多くその場合は、そこを修正し頭骸骨の調整をするとかなりの確立でよくなっていきます。
右が狭い場合が多いです。

「これいつまで持つんですか?」「次いつ来ればいいんですか?」
ということを聞いてくれます。

1回でとれる場合もありますが、身体は以前の状態にもどりたがりますから、出来ればあまり間を空けないで来てもらえればそのときに症状はわかりますとお答えしています。
状態が良くても、もう一度施術することで、よい状態が身体に刷り込まれますと説明しています。

何よりも不快な症状に、悩まされることから開放されていきます。



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ