スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひもしばり健康法

ひもしばり健康法
正式には磯谷式力学療法といいます。
私が20代のころあるお医者さんからこれがいいと教えてもらいました。足の冷えも治る。膝の痛みも消える!
などなど体にいいことずくめ。

当時は自衛隊まさか整体をやるとは思っていなかったのですが、そのとき教えられたことは覚えていました。
今の仕事について、ある日町の図書館に行って何気なくみていたところ、
ありました。ひもしばり健康法、その本に出会いました。

サンプルをつくり、患者さんにも使ってもらったりすることもありました。
寝ている間ひもで足を縛るので、苦痛に感じる人も多く、なかなかやる人はいませんでした。

ある患者さんに薦めたところ付き合っている女性が、冷え性、腰痛もちでした。
そこで本人は行わずその女性に薦めたところすこぶる快調になり、もう手放せないということでした。
「先生あれよかったです」とあとで報告くれました。

コレは実はとても効果が高いんです。

整体もいきたくない。

体操もしたくない。

めんどくさいこと嫌い。

寝てるだけで治ってしまう。 

ほんとですか?

と思い人もいるかもしれませんが、ほんとなんです。

骨盤が立ってくるんです。

実は、私も思い出してはたまにやっています。いいですよ。
こういう感じでやっている治療院もあります。参考になさってください。

足を縛って、股関節を押し上げると仙腸関節が良い位置に収まってきます。そこで滞っていた血流があがり、冷えも解消できます。

もちろん腰痛なども当たり前に治っていきます。
肩こりなども良くなりますよ。

紐は作り方がありますから本を買って参考にしてください。

紐の長さは170センチ、中央に5センチのベルト芯を70センチの長さで織り込みます。

なぜか?

芯を入れてないと細くなり圧迫してしまう。

浴衣の帯のようなものと思ってくれればいいです。

膝上、膝下、足首の3本が必要。

詳しくはお尋ねください。サンプル貸し出します。


スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。