大事なこと

昨日テレビ(NHK)を診ていたら、認知行動療法で慢性腰痛を治すということを紹介していました。
原因は脳。ストレスにより痛みが出る。
ほかのチャンネルが面白かったので、やってるなという感じで見過ごし内容は詳しくはわかりませんでした。

その内容は以前から、わかりきっていたことで、昔から優れた医師は経験的にわかっていました。
歴史のどこかでボタンを掛け違えて、現代医学が極端に唯物的になり、迷妄に入り込んで出口が見えなくなりました。
腰痛も手術しても治らない。再発をする。
人類がどこから間違ったか?(笑)
つまり心と体を分離して考え始めたか?
或いは本当は主(心)だったものが従に、従(体)だったものが主になったのか?

重厚なスピリチュアルな、内容がぎっしり詰まった「黎明」という本の中に詳しく解説してあります。
何で整体と関係あるの?
と思うかもしれませんが、体を根本から治すには、このような知識は知っていなければならず、ぜひ理解してもらいたい内容なのです。
内容が長いので次回ご紹介します。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ