三角骨障害

北見より、14歳女子、バレエ研修生
病院で三角骨障害と診断を受ける。レントゲンでも遊離している骨を確認してる。
治すには手術も必要と診断を受けた。
1年ほど前から右足かかとに違和感があったが、ココ1週間で痛みが強くなり、ポアントが出来なくなる。
子供の症状はいろいろと来ていますが、三角骨障害は初めてです。
全身を緩めると、いたみは8割は取れました。

バレエ練習後そのまま来院したので、幸いトウシューズを持ってきていました。
はいてもらって、痛みを確認することが出来ました。
上げきった時のいたみはなくなり、ポアントはできるようになりました。
爪先を上げる時の痛みが残るので後は足、首足の関節への施術を行い、全てのいたみは取れました。

あとは練習してみて経過をみて、違和感があれば再度施術したほうが良いということで、終わりました。
三角骨の症例は載せていませんでしたが、お母さんが当院に望みを賭けて、よく連れてきてくれました。
ありがとうございました。

良くなって良かったです。



スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ