長く続く痛みこり、50肩

50代男性、肩の痛み今年の春ごろから痛みだす。
左の腕を上げると痛い。右よりも10パーセントぐらい可動が狭い。
施術後はある程度取れるが、きれいに取れないのがこの症状。
原因は、自律神経の乱れです。
体にへばりついている形状の骨、肩甲骨や腸骨等の異常が出る場合は、自律神経の乱れです。
多くはストレスが、かわっている場合が多い。
こういった場合はエネルギー療法と、心理面のアプローチカウンセリングが必要な場合があります。
この方には、「仕事自分にあっていないと思っていないですか?」

「図星ですね。」ということでした。

原因がわかると、潜在意識が働いて治りが早くなる場合があります。
再度1~2分ほどのエネルギー療法を行い、治療後は、ほとんどいたみは取れ、可動も左右差はなくなりました。いつも通っている近所の鍼、マッサージでは、良くならなかったということでした。

遠いところからですが、「またきます。」ということで、初回は終わりました。痛みは抜けてますが、一回では施術効果は定着しづらいので、再度の施術が望ましいです。このまま良くなる場合もあります。

ご主人奥様共々の施術の感想は「マッサージよりも気持ちいい。先生の手が温かい」というありがたい感想をいただきました。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ