スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

農家の男性

津別町から30代男性
右のおしりから腿が突っ張って痛い。

通常の施術で痛みが残る。
座位で右仙骨を押し込んでいくと「楽になってます」と変化してきます。
次に腰椎5番を動かすとだいぶ楽になりました。
かなり良いということでした。

まだ少しあるというので、仙骨と腰椎にもう一度同じことを繰り返して終わりました。

コレは仕事の姿勢です。
トラクターに乗ってる時右にねじって運転するそうです。
そこでねじを回す方向に、仙骨がねじれてしまいます。
左足を上に組んで座ると、楽だということだそうです。

反対は組めないということでした。
こうなってくると骨盤は、普通の状態ですでに歪んでいます。

いたみは自分で作るものなんです。
特に習慣が関係してきます。
日常の動作にご注意ください。

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。