スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

承認欲求

ある町の自営業の奥さん(70代)
肩、首のコリがひどい
しっかりした印象を受けるが、あることを話し出すと泣き出す。

原因は、承認欲求が満たされていないのです。
もう5回以上は来ています。

体の使い方など痛みに関係することがあるので、どんな生活か様子をうかがうこともあります。
この方の場合は毎朝、近所の玄関先まで掃いているといいます。
トラックの土場が並びにあり、それが砂などのごみを出すというです。

最初は「偉いですね」と賞賛をしましたが、3回ほど話したのでちょっと、と思っていました。・・・
もう一つのストレスは従業員です。つらく当たられたということで泣き出しました。

何も泣くことはないのにと思いましたが、これで原因がわかりました。

人は何かしたときに、見返りを求めます。給料は仕事の対価です当たり前のことです。
これだけやったということを認められたいのが人情ですが、楽しく生きる上では邪魔な感情です。

例えば、この掃除の例とすると「、あたしはやっているんだ」あるいは「俺がやっているんだ」と承認欲求のついた行為というのは、受けるほうにとって気持ちのいいものでしょうか?

いつもお礼を言ってあげなければならないとしたら、めんどくさいですね。
「好きだから勝手ににやっているんだ」ぐらいの感覚で、受け取られてしまうのが落ちではないでしょうか・・・

本当に好きでやっている行為であれば、何にも問題はありません。人に押し付ける行為ではないので、お互い気持ちいいのです。

幸せになるということは、好きなことをやる。
今はやり「の引き寄せの法則」というやつです。

人生はギブアンドテイクではなく
「ギブギブギブ」だとアドラー心理学の解説をしていた学者は、言っていましたがそのとおりなんです。

与えるだけの行為が気持ちよいのです。
これを無償の行為「愛」というらしいです。(笑)

こういう気持ちで満たされていたら、体はコリません。

わたしはというと、今は背中が痛い・・・

知っているだけではだめなんです。
行うことで悟れます。

という今日この頃でした。




スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。