FC2ブログ

自律神経の失調

a0002_004055.jpg
体が凝る人の中には、ストレスで壊れていく人も多いです。
心療内科などで通院されていて、薬を処方されている方も来ます。
去年の顕著な例は、5年うつで薬を飲んでいた方も、完治いたしました。
この方最初は顔を上げて、目を合わすことができませんでした。
北見のUクリニックに通院していましたが、5~7回ぐらいでほぼよくなり、できなかった外出にも進んで出れるようになりました。
薬も飲まなくても大丈夫になり、クリニックの先生にも飲まなくてもよいといわれ完治いたしました。
このクリニックのO先生は、断薬を進めるよい先生です。

現在当院に通院されている30代女性も、不定愁訴の塊
同じクリニックで漢方を処方されています。
4回ほど施術後のことです。
実はまだ言ってっていないことがありましたが、その症状もよくなりましたということでした。
この方は頭痛、肩こり、生理痛、不眠、足の冷え等数か月、抱えていました。

このほか、言ってはいないけどむずむず足症候群などもあったということでした。
初回時より別人といっていいほど、体はゆがみが取れてすっきり、コリも楽になりました。
心が明るい人はすぐに良くなります。

お医者さんには休職という選択肢もあるといわれたそうですが、今は全くそんなことは感じさせません。
ここまでよくなってくれたら私もやりがいを感じます。

ですが正直、治る治らないはわからないことなのです。
体に変化を与える刺激を入れていきますが、全く反応しない人もいるのも事実です。
当院の整体でよくなるのは、ご本人の自然治癒能力を賦活させて回復させていく施術です。
無理に、押したりもんだり、強い矯正は入れません。

難しい症状が回復していくのには、心の在り方がとてもかかわっていきます。
心身一如。
実は西洋医学ではそのような解釈は致しませんが、心と体は表裏一体です。

もう10年やっていると感じます。

難しいか?無理な人か?




スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply