小野文恵アナウンサーが

p無題

ためしてガッテンが厚労省から口頭注意を受けたそうです。
そこで小野文恵アナウンサーが謝罪をしたそうです。
馬鹿馬鹿しい話。

業界の圧力が加わったとしか思われない。

糖尿病は国民病といわれています。

「睡眠薬で糖尿病の治療や予防ができる」

内容的には納得できる話です。
ただしこれですべてが解決ということではありません。
作用機序としては極めて明晰な答え

健康は快食、快眠、快便ができて確立される。

それには正しい食事。

規則正しい生活。

健全な精神。
が必要ですがどれも現代に生きる我々には、難しい場合もあります。

特に気持ち精神が病む、体は心に追随して発症する。
これが病気のメカニズムです。

こういうとらえ方をホリスティックな医学といいます。
昔の町医者なども、こういう考えで患者を診て信頼を得ていたいた先生もいました。

看護師さんなどもよく来ますが、OO病院の経営などは透析と手術らしいです。
それが儲かるみだそうです。
a0001_014068.jpg





睡眠薬で治るという話は、デルタ波という脳波まで落とし、深いリラックスを得ると体はよく休まり機能を取り戻す。
ということでした。

これですべては解決するとは思われませんが、至極当たり前の理屈です。

しかしこれをみた一般の患者さんが、担当医に睡眠薬を望むというのは、処方はしてくれないでしょう。
この理論に共鳴する一部の医師の話で、まだ普及には至っていないと思います。

もっとも薬を飲まなくとも心の健康を取り戻すのが、本来の健康になる方法です。

感情の流れが阻害されると体は、様々な不具合を起こして本人にそれは違うよとお知らせをしてくれます。

施術でなかなか効果の上がらない方は、自分の考えに固執している。そういう方が多く見受けれれます。
身体を見れば、話をしなくても大体性格はわかります。(笑)

クレームが来るということはそれで困る人がいるということです。
国民が利口になると病院が儲からない(笑)
ためしてガッテンは、今後もどんどん啓蒙をしてもらいたいです。

船瀬俊介さん、昔から読んでします。

病気でお困りの方は一読お勧めします。

この人もいいですよ。内海聡先生

スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply