人を愛するということ、フリードリヒ・ニーチェより

家出の記事の補足
説明不足のところは、ニーチェの「そのままの相手を愛する」を、参考にしてください。
800px-Nietzsche1882.jpg

そのままの相手を愛する

愛するとは若く美しいものを好んで手に入れたがったり、優れたものを何とか自分のものにしようとしたり
自分の影響下に置こうとすることではない。

愛するとはまた、自分と似たようなものを探したりかぎ分けたりすることでもないし
自分を好むものを好んで受け入れることでもない。

愛するとは自分とは全く正反対に生きているものを、その状態のまま喜ぶことだ。
自分とは逆の感性を持っている人をも、その感性のままに喜ぶことだ。
愛を使って二人の違いを埋めたり、どちらかがひっこめさせるのではなく、両者の違いのままに喜ぶのが愛することなのだ。
スポンサーサイト

コメント 0件

コメントはまだありません

コメントをどうぞ