教育


当院は、不思議なことに学校の先生が多い、高校、小中学、養護、特別支援、などの関係者が来てます。
変わったところでは、刑務官、看護学校、専門学校、大学の講師の人も来ています。
皆さん苦労して、体が痛くなっているようです。
学校社会というところは、無理を押して仕事をしているようです。

無駄、無理、ムラの3原則

うまくいっていない社会には、この原則が当てはまっています。(笑)

遅くまで残っている先生、それが当たり前になっている。
特に独身の先生
それを見ている管理職は何を思っているのだろう?
そのくせ、職員が何をしているかを掌握できていない。

職員会議で喧嘩腰になっている先生もいる。
みんな我が強い。先生だから譲ることができない人がいます。みんなではありませんよ。
中には冷めてみている人もいます。
校長は、教科が取れなくて管理職にならないかといわれなる人もいるそうです。
あるいは組合活動をしていて、管理職に転向してる人もいます。
そんな人達がなっても、うまくいくわけがない。
結構、人の目や体裁を気にしている。
つまらないことだ。

ある先生は、いつも痛みが取れないので「ストレスはないですか?」

「校長が気にいらない」

しょうもないことを考えている(笑)
自分がこうでなければならないということを、相手に投影している。
相手ではなく、自分の問題、自分で作りでしていることです。

病んでいます。日本の学校。

この動画いいですよ!
面白い。

寺脇研が進めたゆとり教育は失敗に終わり、ゆとり世代なる言葉までで来てしまいました。
真意は、この動画のような教育を実は目指していたのではないか?と思ってしまいます。










スポンサーサイト

Comments 1

なみ  
お邪魔します。

何年か前から時々、ブログを読みにお邪魔させていただいてました。
感情に向き合う治療は、効果がでるのが早く、速効性もある。
受ける側の自覚や治療家にもよりけりで色々ですが。
人は何かしらの感情がなければ何も動かないようにプログラムされています。

体は記憶の貯蔵庫のようなものです。
思い出して使いこなす。でしょうか。 
時代も人も多様化(分離)しました。
治療家は、終着点を定めずに、それぞれに向き合いながら ですね。
美幌で、笹波さんのようなかたがいるということ。素晴らしいということです。

陰ながら応援しています。



2018/04/13 (Fri) 03:54 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply