FC2ブログ

薬で反応

本日のクライアントさん
年配の男性、会社社長
去年の仕事納めに坐骨神経痛が発症
以来痛みが取れない。

何かな?・・・
望診
原因がわかりずらい。
うつぶせは、無理痛みが出る。なのでDRTは行わない。
反応の大きいのは腎臓かなり強く出る。
そこを施術すると痛みは半減する。

5年前、カテーテルの手術をして以来5年間血液をサラサラにする薬を飲んでいるということです。
そこでまたキネシオロジーで薬と見ていくとこれが反応あり。それ以外では反応しない。
他に人間関係などのストレスはなさそうです。
何せ、仕事終わりの喜びの瞬間に痛みが発症しています。

私の見立てではこれかな?

ふう~ん こういうこともあるんだ・・・

私の知人の奥さんはほかの治療院で、腰痛の原因はシャンプーが原因といわれたことがありました。
そしてやめたら治ったそうです。
体が不快であるというメッセージですが、顕在意識ではわからなかったので体が反応して訴えていました。

この方の場合、薬は確かに腎臓には負担をかけます。
体もスマートで酒も飲まないなどそして見た目も健康な印象があります。
珍しいケースですけど薬ではないかと思います。
札幌の治療院でも内臓が原因だといわれ、医者の知人からも水を多く飲んだほうが良い(毒だし)といわれたことがあるので、理解はしてくれていました。
腎臓に薬の毒がたまっている。そして体が痛みで訴えた。

本人にはその旨を伝えあとは自己責任でお医者さんに聞いてくださいということを伝えました。来月診断だから聞いてみますということでした。
痛みが出たときの対処などを教えて終わりです。

皆さん、人が良すぎる。日本人一般的に疑わない。医者はいい人だと思っている。医療は良いものだと思っている。
しかし医療の闇は深い。ちょっと調べればどれだけの悪事が暴き出されるか?
例えば、年齢が上がってくると高血圧などで、薬服用を進められるかた多いと思います。
しかし、これが新たな病気を誘発します。マッチポンプ商法ってやつです。
認知症が多いのもこのせいです。

日本人はセカイイチ薬の消費が多い国だそうです。

ちなみに長野県民が長寿なのは、医者にかかる人が少ないせいだそうです。
他にも夕張市が財政破綻により、国保病院がつぶれたら寿命が延びたそうです。

お医者さんの中には晴らしい人や、良い医療などあります。私も助けてもらってありがたいな~と思ったことは、何度もありますが
基本的に医者は嫌いな人種です。(笑)


スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply