FC2ブログ

煮詰まりすぎ

昨日も今日も、同じ症状の方が続きました。
今日来院した方は、背中が痛くて仕事休んだそうです。
奥さんと相談して病院ではなく、当院にお越しいただきました。ありがとうございます。

痛む場所的には膀胱経。
そこをを活性化するとよいと筋肉反射で出ましたので、施術1分~2分ほどですがエネルギーの流れが変化して膀胱経の流れがが正常になりました。わずかな時間で痛みも消えました。

昨日の女性は、骨格などの整体的な調整から入って、最後に痛みが残ったので
経絡の調整を行ったので時間がかかりました。
同様の症状だったので今日は最初から経絡調整を持ってきましたので、すんなりと進みました。

なぜここに目星をつけたか?
煮詰まっている。薄める必要がある。
これがメタファー(暗喩)です。

昨日の女性は看護学校の先生。
話を聞いて、まさに煮詰まっている状態でした。
「もうベテランなんだから余裕で仕事してもいいんです。」と私。偉そうに年上の人に言いました。
よくいるんです。こういう人。常に問題にフォーカスして解消に頑張る。
ある意味仕事ができる人だが、自分も追い詰める。完璧を求める。必要以上に・・・
終いには、体を壊します。痛みは体が悲鳴を上げている。
「私のことも理解してよ」と叫んでいるんですけど、本人が気が付かない。
誰が苦しめていると言ったら、自分自身がやっているタイプです。
ほどほどでいいんです。そのほうが余裕ができ生徒もよく見えるんです。
自他ともに生きる。
肩の力を抜いて事に当たる姿勢というのは、大事だと思います。

今日来られた方も国家試験を受けたばかりで、次週もあるということで文字通り煮詰まっていました。
この感情の流れから張ってきた痛みは、ほぐすなどの行為では取れないと思います。
自分で作っていますからまた張ってきます。
他治療では、より強く押したりもんだりして無理やり取ろうとするから筋肉を痛めます。
これが揉み返しとなって翌日痛みます。

一言この原因を伝えることが重要な治療になります。
感情の流れが変わると体が張らなります。
ケースバイケースですが重い人ほど隠れた原因があり、手技だけの対応だと治らないこともあります。



スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply