北見網走の痛みが消える!あおの整体院

完全無痛の整体で痛みが消える!

カウンセリング

治療は、寝てしまうのが一番良い。
したがって、治療中は話はしないのが基本です。
副交感神経が優位になると眠くなり、筋肉も緩んできます。
子供でも寝て落ちてしまい、起きてみてココはどこ?(笑)というリアクションのお子さんもいました。
こうなってしまったら、治療効果はかなり高いです。

全てこうであれば良いですが、そうでない場合も、実はあるんです。

[ 2016年10月15日 13:34 ] カテゴリ:ストレスで痛くなる | TB(0) | CM(0)

心を空にする3

難しいタイトルの完結編です。(笑)

自我のコップをなくせば、魂は宇宙のエネルギーとつながる。

小林静観の遺稿となった。「幸も不幸もないんですよ」より抜粋

自分のコップをなくしてしまうこと、つまり自我がなくなること。
宇宙を批判したり文句を言ったり、愚痴や泣き言、要求を宇宙に突きつけるのではなくて、
私が生きていることが、宇宙の意思だと思い定めること。

それによって、コップの水は池の水に流れ込み、私の意識、私の魂はイコール池の水全部の意識となっていくように思えます。
(コップ:自我意識  池:宇宙)

私。 自我
自我というのは、基本的に好きだ嫌いだで物事をより分けることをいいます。
この好きだ嫌いだを一切やめてしまって、そのような流れがきたら「はい、わかりました」「うけいれます」といってやっていく。

自我が少なくなればなるほど、どうも私たちの魂は本来の池(宇宙)にも戻り、そういうう大きなエネルギーを手に入れたほうが、人生は楽しいのでしょう。
大きなエネルギーは宇宙のエネルギーとつながっています。
つながっているという表現よりは、エネルギー自体が私である。
私がそのエネルギーの一部であるといえます。

とあります。

名人、達人、大芸術家、と呼ばれる人は、皆こだわり(自我)がなく宇宙を自分の表現にあらわしていした。
ゆえに人を引き付けるものあったのでしょう。

マア私もこうなりたいと思っています。
最低でも、愚痴、泣き言は思わないよう、に心がけはしています。

自衛隊で習ったことは、ほぼ忘れましたが、一つだけいいことばは、今も覚えています。

愚痴と悲鳴はやめよう
ファイトでいこう、レンジャー  (笑)

くだらないことを言ったり、かんがえている小さい人間では、何にも出来ないんです。

まずやってみる。マイナスな思いは抱かない。

あと私の中隊私の上司は、いいことを言っていました。

「文句の言うやつに限って、いわれたことをしていない、やってから文句を言え」
丸子専任陸曹でした。

その通りです。よく見ていました。(笑)
若いってことは、物がわからないから文句はよく言ってました。
当時、私もそうでした(笑)

ということで、心を空にする。説得力のない完結編のおちでした。(笑)



[ 2016年03月07日 16:05 ] カテゴリ:ストレスで痛くなる | TB(0) | CM(0)

心を空にする2

苦しみとは、執着

こうしたい!

こうじゃなければいやだ!
自分の我が強い人ほど、自分で苦しみを作ります。

「こうなりたい。だったらいいな~」ぐらいの
「執着」しない事が、幸せ(悟り)へとつながっていくことと思います。

かもめのジョナサンの作者、リチャード・バックは「イリュージョン」という作品の中で
救世主にこんなことを言わせています。
「人は自由になろうと思った瞬間にもう自由なんだ。特別な力を持ったものから救ってもらわなくとも」

自由とはとらわれのない心です。
あるがままで、幸せ

よく寝れる。体調が良い。体が楽。生きていて楽しい。

でも人間は迷うんです。
自分を守りたい。
良く見せたい。
いろいろな欲を持ちます。
そして振り回される。
不自由な心になっていきます。

心を空にするとは、こうなっていたら雑念がすぐに湧いてくることでしょう。
私もそうです(笑)

中村天風は心を空にすると、大自然の生命力はこの世界にくまなく遍満存在している、その生命力が人が霊的境地に入る時、人の生命に流れ込んでくる。
といっています。

そして自分とは、本当の自分、真我とは、「霊と言う気体」であるといっています。

つまり執着を捨て、神の意識とつながるということだと思います。
続く

一部、小林静観「きくあの実践」より転載
いい本ですよ。






[ 2016年02月25日 23:24 ] カテゴリ:ストレスで痛くなる | TB(0) | CM(0)

心を空にする

表題は、ある本のタイトルです。
近代日本において、ヨガの概念を持ち込んだ。中村天風の教えをまとめた本です。

とても哲学的な内容です。

心を空にする?

何もかんがえない状態がとても強い。
ということです。
元々のヨガというのは宇宙とつながる。

本質は、人間の幸せを追求したものです。

そこでいかにかんがえるかということで、無念無想がよいということです。
そういう意味では、禅宗などにも、ヨガの流れを汲んでいます。

患者さんのなかには、考えすぎる人がたくさんいます。
何を考えるかというと、心配、恐れ、怒り、不安等、考え出したらきりがないことを考えている。

そうすると肩がこる、腰が痛いなど治療してもなかなか効果が、上がらない人もいます。

実際に今通ってきている数人は、こういうかたです。

ではどうすれば克服できるか?

次回へ続く



[ 2016年02月23日 15:40 ] カテゴリ:ストレスで痛くなる | TB(0) | CM(0)

治らない、変化のでない場合

当院の施術は、口コミなどにあるように、受けたその場で症状が緩和されたり、解消したりするので、おかげさまでリピートや紹介により成り立っています。

でも全く変化の出ない人もいるのも、事実です。
課題ですが、原因はわかっています。


[ 2016年01月09日 22:22 ] カテゴリ:ストレスで痛くなる | TB(0) | CM(0)
プロフィール

笹浪 健太郎

Author:笹浪 健太郎
元自衛官、23年勤め依願退職。
退職後、1年ほど別の仕事を経験し療術の世界へ入る。
北見網走管内より多数の来院者
遠軽から知床、阿寒、釧路等道東全域から来院者あり

痛みの取れることを常に研究しています。

来院者の心と体が健やかなる事を、心がけ施術しています。



北海道網走郡美幌町字元町6-47
あおの整体院
完全予約制
0152(72)0597
(10時から19時まで営業)日曜午後休み
詳しいことはHPをクリック
お問い合わせなど下記メールフォームにて受け付けています。お気軽にどうぞ。



あおの整体院
最近のトラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索